毎日コテで巻くと髪が硬くなっていく?? ☆

 

最近はお出かけ前のスタイリングにもアイロンで巻いたりストレートアイロンを使ったりする方増えましたよね。

サロンでも仕上げに使う事多いです。

でも結構皆さん熱によるダメージとか気にされてるお客様とかも多くコテの温度を下げたりと工夫されてるようです。

 

ダメージに関してはまた書くとして今回は

熱による   “髪が硬くなっていく”  という

現象について書きます。

 

 

基本的に髪はタンパク質でできています。

例えるなら“卵”です。

卵を割ると卵黄と透明の白身が出てきます。

ドロドロしてますよね。

そしてフライパンに落として焼くと目玉焼きになります。

ですが冷ましてももう生卵には戻りません。

これがタンパク質の熱変性というものになります。

 

 

つまり髪でいうなら高温のコテで巻くことにより髪の成分のタンパク質がだんだん硬くなっていくということです。

ただ一回巻いたから『はい、おしまい。』といったものでもないのであまり難しくは考えないでくださね。。

今どきスタイリングでコテを使わない、なんて事も絶対無理ですからね。。

 

 

 

そこで対策としては

一つは巻く前用のカールの持ちを良くしてくれたりダメージから守ってくれるスタイリング剤をつけること。

こいうアイテムはだいたい熱から守ってくれる&カールの持ちを良くしてくれますので一石二鳥なんです。

 

そしてもう一つはさっきは硬くなった髪はもう戻らないと書きましたが

実は最近のトリートメントの中にはそのリジオアラニンという結びつきを(名前はちょっと難しいですが、、)少しやわらげてくれる成分のものもあるのです。もちろん継続的に使っていただくことが必須になりますが、、

 

 

アプローチの仕方はいろいろありますがあなたにあったケアの方法を提案させていただきますのでお気軽にご相談くださいね!(^ ^)

 

 

 

 

インスタグラムもやってます。
よかったらフォローしてください。

インスタ→http://Instagram.com/NAKANISHI0216

 

 

 

この記事を書いたスタッフ

こんにちは。副店長の中西です。 サロンワークでは特にカウンセリングを大切にしていますのでイメージや悩みを共有し, 頼みにくいオーダーでもお客様に身近に感じてもらえるように心がけています。 酸性域のナチュラルなストレートやカラー、サロンのトリートメントやホームケアのシャンプーなどお客様一人一人の悩みに合った適切な薬剤やアイテムをご提案させて頂きます。 (お客様から頂いた悩みや疑問の答えもサロンブログに書いていっていますのでよければご覧ください。) ちなみに僕自身も癖毛なので癖毛の方のカットやスタイリングの方法などもご提案できます。 自信を持ってきちんと丁寧にお客様の髪に向き合います。 メニューはご相談でも大丈夫です。 お気軽にご指名ください。 Profile ・生年月日 1983年2月16日 ・出身地  兵庫県 ・出身校  高津理容美容専門学校 ・美容歴  14年 ・得意な技術、スタイル カットが一番得意です。 前髪、顔周りの作り方で印象はガラっと変わるので特にこだわって丁寧にカットします。 ナチュラルで手のかからないスタイル。中でもショートスタイル、ボブ、ミディアムが得意です。 カラーはポイントで入れるハイライトやローライト。少ない枚数でもちょっとしたニュアンスが印象を変えます。 ・マイブーム 最近自炊を始めました。健康を考えつつ食べたいものをつくるということに日々奮闘してます。何か簡単で美味しい料理あったら教えてください(笑) とにかく美容と髪の毛が好きなので休日は時間が空いたら講習に行ったり本を読んだりして知識を増やしています。 よく楽しいの?と聞かれますがとっても楽しいです^o^

このスタッフで予約する

Leave a reply

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です