海に入るとなぜ髪が痛むの?

前回に続いて、今度は『海に入るとなぜ髪が痛むの?』

について説明していきたいと思います。

これから海でハジけようとしてるあなたはしっかりと

みて、楽しみに備えてください!!

なぜ海に入ると髪が痛むのか。。

それは、、、

塩分』

が大きく関わってきています。

海水の塩分濃度は人の髪の毛が約0、9%に対して

約3、5%あると言われています。

この塩分が髪の毛のタンパク質を溶かしたり

水分を奪ったりするわけです。

髪に良くなさそうなのはお分かりですよね?

『じゃあ海に入れないじゃない』

『海に行くのやめようかな』

いえいえしっかり対処して遊べばいいんです!

対処法として最も有効なのは

シリコン製のキャップかぶることです。

髪も頭皮も守ってくれるからです。

でも、、、

そんなのイケてない

僕自身、女性が海で髪をなびかせていたり

アレンジで髪をあげていたり、

とても素敵だと思うんです。

なので

髪をしっかりコーティングしてあげましょう!!

洗い流さないトリートメントだったり

オイルだったり、で保護してあげることが

大切です。。

100%天然由来の椿油なども

水で落ちにくいと言われているので、

良いですね!!

そして海から上がったあとは

真水でしっかり海水を落としてあげること!!

アフターケアもしっかりしてください。

ちょっとの意識でいいんです!

それも面倒くさいという方は

サロンで補修力の高いトリートメントを

しに来てください!!

何十種類あるトリートメントの中から

あなたにあったものをチョイスします!

ただ

一つ覚えていていただきたいのが、

髪の毛は死滅細胞なので

一度壊れてしまったものは

補修はできても、

修復はできません。。

なるべくご自身のケアをしっかり

してあげることをお勧めします。

自宅でのケアをしっかりしたいけど、

やり方がわからない、、、

ブローの仕方がわからない、、、

一度カウンセリングだけしてみたい、、、

なんてかたは気軽に聞きに来てください!!

お客様に合った綺麗になる方法

全力で考えます!!

綺麗な髪で今年の夏を楽しみましょう!!!

この記事を書いたスタッフ

芯のある女性像を作ることを心がけています。 可愛らしさも、綺麗さも、全ては一人の女性の芯から滲みでる魅力で、 誰もが持っているものだと思います。 そんな一人一人の魅力を引き出せるように、ダメージの少ない商材で根本的に髪にダメージを与えないということ、そこからどうデザインしていくかを考えてお客様と一緒により輝けるスタイルをつくっていきたいと思っています! お悩みやご相談、プライベートのことでもお仕事のことでもなんでも話してください!! お客様にとって、「Sui」で過ごす時間を特別なものにできるように、施術させていただきます!! 誕生日 1991 0706   星座 蟹座 出身 福島県 二本松市 趣味 映画鑑賞 ジム ヨガ 旅  得意なスタイル ショート、ミディアム、ロング

このスタッフで予約する

Leave a reply

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です