アイシャドウの塗る範囲間違っていませんか?毎日のメイクアップ正しく効果的にするコツとは??

こんにちは、深瀬です。

今日は、ヘアーではなく、たまにはメイクアップのお話をして行こうと思っています。

因みに、毎日のメイクアップにどのくらい時間を掛けますか?

15分前後が多いのでは無いでしょうか?

30分以上メイクに時間を掛けますよって方は、かなりメイク好きな方ですね。

今日の議題はアイシャドウの塗る”範囲”

皆さんお仕事や家事で、朝は忙しいと思うのですが時短で効率の良いメイクの勉強をここでして行って下さいね!

まずコツは、正しい理論を知ること!

そもそもアイシャドウって何のためにするの?って分かりますか?

 

 

色々と考え方はあるのですが、基本的な考え方としては、陰影を作って行くこと。。(深瀬論)

そう、、言うなれば、メイクアップそのもの自体影を作って行く作業なのです。

まず、自分の両手指先で目の周りの骨を触って見て下さい。

眼球を包むような形で感じられるかと思います。

この範囲内に『影』を作って行きます。

上の写真でもう一度、確認して見て下さいね!

何色も使う必要はないので、中位の明るさ(塗ってもあまり濃く色が付かないくらい)で影をつける。

頑張ってグラデーションにしなくても薄めなら失敗しないので思い切って挑戦して見て下さい。

もっと詳しく見たい方は、お電話にてレッスンのご予約も受け付けています。

予約⇨03-6455-5802

通常のメニュー予約はこちら

メイク論、また書きます。

深瀬 yoshiyuki

この記事を書いたスタッフ

初めまして、sui tokyo店長の深瀬です。 皆さんにとって、美容室とはどのような存在ですか? 私達が目指す美容室は、単に髪を綺麗にするだけではなくお客様の”お悩み”や”問題解決”をし、ここに来る度に”元気になれる”そんな場所になる事です。 家でも、職場でも無い...第三の場所としてくつろいで頂きたいです。 ◇表参道徒歩3分 ◇特技⇛独自の理論とテクニックで、髪の悩みを解消 ◇ダメージ、癖、退色、髪型(似合わせ)⇛全て治せます! ◇ヘアメイクとして女優、モデル、タレントを担当 ◇雑誌⇛camcan/Oggi/Domani/Ginger/美的/美人百花 ◇TV、ファッションショー、外部講師、サロン外でも活動中 【サロンでの工程⬇︎】 ①悩みを明確にする ②原因を特定 ③解決方法のプロセスを説明 ④施術 ⑤自宅でのケア方法を伝え終了 ※重要※ ○どんなに頑張っても、綺麗な髪の毛はトリートメントだけでは不可能 ○根本的に傷ませない、微酸性カラーや酸性ストレート(SUGAMI)が必須 ○一回限りの来店では費用対効果が悪いので、二ヶ月以内に来店すると効果的 ○来店する度に、毛髪のデータを蓄積していき、短時間で精度の高い施術が可能 ○特に髪のクセで悩みの方や、ショート、ボブの技術を得意とする 【BIOGRAPHY】 □生年月日 1989年 3月22日 □出身    静岡県静岡市 静岡学園卒業 □美容歴   11年目 □表参道エリアの美容室を一店舗経て、2015年〜Suiのオープニングスタッフとして活動中 Hi! I'm Yoshi from Japan, working as a hair stylist and makeup artist based in Tokyo. ◇I'm skilled in solving any hair troubles that our customers have. ◇Through beauty, I would like to have a deep connection with every customer and enrich each other's lives. ◇Discovering beautiful things all over the world is my life philosophy. Our salon is a 3-minute walk from Omotesando station. Feel free to contact me on Instagram!

このスタッフで予約する

Leave a reply

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です