何でサロンのシャンプーって高いの?

 

よくお店で『シャンプーって何がいいの?』
という声をよく耳にします。

 

 

とりあえずノンシリコンを選べばいいんでしょう?くらいの感じの方が多いように思われます。

 

 
でも本当にそうでしょうか?

 

 
いえ、それも確かに間違いではないと思います。
が、しかしシャンプーの裏側を見ればそれはたくさんの成分が入っているわけで、
今日はそんな他の者たちのお話。。

 

 

 

 
まず市販のシャンプーとサロンのシャンプーの値段って何で違うんでしょう?
たぶんそこが一番の謎なところだと思われます。

 
ドラッグストアーで買ってもノンシリコンだし!と思っている方も多いと思います。

 

 

 
ずばり、それは洗浄成分にあります。

 
洗浄成分とは泡立て、汚れを落とす成分の事を言うのですがここが実はとても種類が多くお値段も変わり、そして何よりノンシリコンよりも大切なシャンプーのミソな訳です。

 

一般的に市販のシャンプーは高級アルコール系という成分でできているものが多く、
(「高級」と書いてあると響きはとても良いのですが、、。)
主に台所用洗剤などにも使われる成分でできています。
特徴としてはよく泡立ち洗浄成分も強くそして安価なことです。

 

それに比べサロンのシャンプーはアミノ酸系やベタイン系という成分が主に使われます。
これは人の髪や肌もアミノ酸でできているのでとても優しく洗うことができます。
もちろん高級アルコール系と呼ばれる成分も多少含まれている事が多いです。

 

 
ですがサロンシャンプーはその成分を数種類組み合わせて短所と長所を補いながらシャンプーは作られているのでお値段が少し高くなってしまうという事なのです。

 

 
細かい部分は皆さん的には???な部分になってしまうでしょうし、また追い追い書いてみようかと思います。

 

 
どうでしょう?簡単な説明にはなってしまいますが日々毎日使う物なだけに僕たち美容師としては
できるだけいいものをオススメしたいところです。

 

 
ちなみに冒頭にも書きましたがよく『ノンシリコン』というキーワードが出てきますが
これもまた都市伝説的な話だったりもするのですが、、

 

 
そんな話もまた。

 

 

 

 

インスタグラム、アメブロもやってます。

よかったらフォローしてください。

 

インスタ

http://Instagram.com/NAKANISHIYUUJI

 
アメブロ

http://ameblo.jp/nakanishiyuuji/?frm_id=v.jpameblo&device_id=6fc7ed26d2824a49ae0e9a69900c674a

 

 

 

この記事を書いたスタッフ

こんにちは。副店長の中西です。 サロンワークでは特にカウンセリングを大切にしていますのでイメージや悩みを共有し, 頼みにくいオーダーでもお客様に身近に感じてもらえるように心がけています。 酸性域のナチュラルなストレートやカラー、サロンのトリートメントやホームケアのシャンプーなどお客様一人一人の悩みに合った適切な薬剤やアイテムをご提案させて頂きます。 (お客様から頂いた悩みや疑問の答えもサロンブログに書いていっていますのでよければご覧ください。) ちなみに僕自身も癖毛なので癖毛の方のカットやスタイリングの方法などもご提案できます。 自信を持ってきちんと丁寧にお客様の髪に向き合います。 メニューはご相談でも大丈夫です。 お気軽にご指名ください。 Profile ・生年月日 1983年2月16日 ・出身地  兵庫県 ・出身校  高津理容美容専門学校 ・美容歴  14年 ・得意な技術、スタイル カットが一番得意です。 前髪、顔周りの作り方で印象はガラっと変わるので特にこだわって丁寧にカットします。 ナチュラルで手のかからないスタイル。中でもショートスタイル、ボブ、ミディアムが得意です。 カラーはポイントで入れるハイライトやローライト。少ない枚数でもちょっとしたニュアンスが印象を変えます。 ・マイブーム 最近自炊を始めました。健康を考えつつ食べたいものをつくるということに日々奮闘してます。何か簡単で美味しい料理あったら教えてください(笑) とにかく美容と髪の毛が好きなので休日は時間が空いたら講習に行ったり本を読んだりして知識を増やしています。 よく楽しいの?と聞かれますがとっても楽しいです^o^

このスタッフで予約する

Leave a reply

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です