SUGAMI デジタルパーマ

Sui Original Menu

SUGAMI DIGITAL PERM
スガミ デジタルパーマ

低ダメージで長持ちカール
欲しいところに欲しいカールを

SuiのSUGAMIデジタルパーマはかかりずらい元気な髪には長持ちカール、傷んでしまった繊細な髪には、低ダメージでしなやかなカールを作ることが可能です。

毎日のスタイリングの時間を少しでも短縮して簡単にお洒落な雰囲気が作れます。
毛先のみのワンカールから、根元中間部分からの緩やかなウェーブスタイルまで自由自在にコントロールが可能となっています。

スガミ デジタルパーマ

髪がデリケートな方にこそ

毛髪にとって弱酸性が最も健康な状態です。
キューティクルは酸性域では閉じ、アルカリ性域では開きます。毛髪は年齢を重ねるごとに細くなり、柔らかい髪質に変化したり、硬くてハリ・コシ・弾力がある方でも、ダメージにより髪にある間充物質が減少し髪が痩せていきます。

Suiの基本的な考え方の一つであるアルカリの使用を最小限にするという事。
カラーリングやストレートパーマ同様、酸性域で更に低温のデジタルパーマということが痛まない秘訣です。
また、ストレートと同時進行に施術していくストカールもオススメです。

Before & After

限りなく痛みの少ない美しい髪を育てる旅

Suiでは、従来のアルカリ性シス系、チオ系(※phが低めのアルカリ性薬剤)などを使ったパーマ剤も使用しておりますが髪の状態を診断しながら、より髪のダメージをなくし、思い通りのカールを作るために酸性域の還元剤を推奨しております。
アルカリ性薬剤での毛髪の構造を変えたカールでは、毛髪への負担が大きく、どうしてもダメージが強くなりがちでした。

そこで、Suiでは酸性域の還元剤(スピエラ、GMTなど※海外で長い間ポピュラーに使用されている還元剤です)を使用させていただくことにしました。従来の主成分とは違い、髪のタンパク質の流出を抑え、髪の構造をできるだけ変えないようにカールを形成していきます。

髪とph値の関係

Suiの酸性パーマはカールを形成するとき髪に作用する部分が違います。 その違いにより髪本来の脂質や水分を極力残しつつすべての髪の毛に酸性域から中性、アルカリ性で髪を診断しながら、今までより健康な状態を壊さないように心がけ、施術不可能だったお客様にもパーマをしていただけるように髪のことを思いやりこのパーマを推奨させていただいております。 長く通っていただきその良さを肌で感じていただけるとSuiの本当の良さをわかっていただけます。

研究を主導したスタッフから新地 琢磨

今までパーマでチリついていた髪もこのパーマならクシ通りがよく痛みが少ないです。これもお客様の今までの価値観に疑問を感じ、より良いものを探し出しながら、スタッフで研究している結果だと考えています。
Suiでは、いつも噂話や海外の情報をいろいろな角度から検証することにより、新たな可能性を探し出しています。僕たちは「髪を痛ませないこと」に執念を持ち挑んでおります。

このスタッフのプロフィール このスタッフで予約する
新地 琢磨